讃岐の爺ちゃん

サポーター歴8年目の爺ちゃんが讃岐の応援観戦記を発信します!

讃岐ノ力 共闘

 先日の愛媛戦は匠選手の移籍後初ゴールで、ホーム初勝利で選手とサポーターが一体となって、勝利のラインダンスが出来ると思っていただけに後半残り10分に相手にFKを決められて、前節と違って悔しい引き分けでした。


 9節を終了した時点での昨シーズンと今シーズンを比べてみると下記の通りです。
 
(年度) (順 位)(勝ち点)(得 点)(失 点)(得失点)(ホーム平均観客数)


2017  21位  7点   11点  13点  -2点    3252名        


2018  22位  6点    7点  15点  -8点    4341名 


 上記を見て頂くと昨シーズンに比べて勝ち点は余り変わりませんが、得点と平均観客数が少ないのがお判りだと思いますし、得失点の差が大きいのは千葉戦の1-6の完敗がきいています。


 今シーズンは昨シーズンに比べて若手選手が増えて、讃岐の堅守速攻が現時点では出来ていないし、平均観客数が約1100名も減少しているのは、まだ、ピカスタでの勝利がないからかも知れません。


 私は、若いチームですがベテランと若手が噛み合えば、これからが楽しみですが、昨シーズンは後半戦の5連勝があったし、今シーズンは21位以下ですと自動降格なので厳しい状況ではあります。


 今シーズンも残り33試合ありますので、チームスローガンである『讃岐ノ力 共闘』
を示し勝ち点を積み上げるために、選手、会社スタッフ、サポーター、クラブスタッフが
一体となって頑張りましょう!


 私達サポーターは讃岐の勝利を信じてスタンドから応援するしかないかも知れませんが、、、!!(私もイベント等をクラブに提案をしていますが?)   

継続!

 昨日は、後半残り10分までは勝ち点3を信じていたし、初めて愛媛に勝利して最下位脱出出来たと思っていただけに悔しい引き分けでした。


 さすがに、負けたり、先制しながら引き分けたりした試合後は悔しくて、寝付きが悪いし、次節の試合まで気分的に憂鬱な日々を過ごしています。


 しかし、また、讃岐の試合がある時はピカスタや近隣アウェイにはスタジアムへ応援に行きますし、行けない時はDAZNで応援しています。


 サッカーは素人の私ですが、今年で讃岐のサポーターになって8年目になりますが、サポーターになったのは、それまで勤めていた仕事を辞めて転職した時に生島で讃岐の試合を見て、選手は精一杯相手ゴールを目指してプレイしており、また、サポーターは少なかったですが飛び跳ねながら声を枯らしながら選手を後押ししている姿を見て、私に元気を貰ったからです。


 J2昇格後は毎年J2残留争いしていますが、選手もサポーターも一致団結して勝利を目指して頑張っているし、私も最初は一人で応援していましたが、今では多くの方と知り合いになり、私の出来る事(ポスター貼り、チラシ配り、Vスタッフ、試合の応援等)を
していますが、義務でなく応援することが楽しいから出来るし、今まで続けられたと思います。(応援し始めた時は足はつるし、翌日は声が枯れて声が出なかったですが、ようやく慣れてきたのか大丈夫です。スミマセン、応援に手抜きをしているのかも?)


 昨年末に仕事を完全に退職し年金暮らしで、平日は40年間所属している高松ボランティア協会に行ってお手伝いをしていますが、やはり、40年間続けられたのも楽しいし、知り合い(若い方等)との会話するで若さを保てるからかも仕入れません!(自分では若いと思っていますが、今年で63歳を迎える爺ちゃんですが、、笑い)


 讃岐は今年も苦戦していますが、私はJ2残留を信じて(PO圏内目指して)頑張っている選手を応援し続けます。


 今が今年のチームスローガンである『讃岐ノ力 共闘』を示すため、選手、会社スタッフ、サポーター、クラブが一致団結して頑張る時だと思います。


 私のブログも一時期中断していましたが、毎日更新するのは自分の満足かも知れませんが、皆様に少しでも私の気持ちを知って頂きたいからです。 

試練?

 今日の天気予報は雨だったせいかもしれませんが、愛媛との北四国決戦なのに3004
人であり、また、せっかく先制しながら後半残り10分で愛媛に同点弾を決められて、負けに等しい引き分けでした。(昨年ホームでの愛媛戦の入場者数は4037人でした。)


 救いは、佐々木匠選手がようやく今シーズンの初得点を決めれたことですが、林選手や鈴木選手の若手を起用したことは監督が決めることですが、私は少し疑問が残ります?


 讃岐は今日引き分けはしましたが、勝ち点6で得失点差で最下位脱出出来なくて、今日こそは勝てると思っていたサポーターが多かったので残念です。


 やはり、チームが勝てる時に勝たないと、観客数も減ってくると思いますので、監督、コーチ、選手には頑張って欲しいです。


 私も出来る事(ポスター貼り・チラシ配り・Vスタッフ・試合応援等)でチームを応援していますが、やはり、チームに勝って欲しいし、入場者も増えて、勝利のラインダンスを早くホームでしたいです!


 昨年の9試合終了時点の勝ち点は7で順位は21位でしたが、最下位の群馬さんが勝ち点1でしたし、今シーズンは20位以上でないとJ3に自動降格するので厳しい状況であります。


 昨シーズンの前半戦での勝ち点13で順位は20位でしたので、今シーズン前半戦残り12試合で勝ち点7が最低限必要ですし、昨シーズンは後半戦5連勝したことを考慮すると讃岐の最終19位で勝ち点38ですので、出来れば前半戦で勝ち点19は獲得しておきたいです。


 今シーズンの前半戦残り12試合で勝ち点19を獲得する為には、現在の勝ち点6を差し引いた勝ち点13ですので4勝1分7負で可能です。


 今後、渡邉大剛選手が早期に復帰してくれることを望みますが、それまで、選手に頑張って貰うために私達サポーターとしては多くの方にピカスタやアウェイの試合に応援に行って選手を後押しするしかないですね!


 来週は現在14位の徳島との東四国クラシコですが、出来るだけ多くのサポーターが行って選手を後押しして勝ち点3を持ち帰りましょう!(試合数が少なくなると、厳しい状況になりますので、、!)


 『讃岐ノ力 共闘』